相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

※不在時は折り返します

※不在時は折り返します

原告団活動について

全国B型肝炎訴訟名古屋原告団は、当弁護団に裁判を委任をされ、

名古屋地方裁判所に提訴した原告の方々によって構成されています。

 

年に2回程度のペースで原告団総会を開催し、原告団の役員選出、活動報告、会計報告の他、弁護団から訴訟の経過の報告などを行っています。

これまで開催された総会では、総会終了後、医療関係者による記念講演などを行ってきました。

 

弁護士、原告及び患者の方々の懇親会も随時企画していますので、弁護士や患者同士の懇親を深める場としてぜひご参加ください。

 

 

活動実績(原告団活動)

・平成29年5月20日に第10回原告団総会、医療講演会の開催しました。

                             詳細はこちら

平成29年5月20日 第10回原告団総会、医療講演会の開催

平成29年11月11日午後2時半より原告交流会が開催されました。

これまでと同様10名程度のグループに分かれての実施でしたが、今回は前回までの病態ごとのグループではなく、ランダムなグループ分けで他の病態の原告とも交流することができました。

自身と違う病態の患者の治療や生活、その中での苦労や工夫していることを聞き、また自身のことを話すことで様々な情報を共有することができました。

地域によって行政の助成に差があることや、原告が国に対して望んでいること等の話を伺うこともでき、患者が何を思い、必要としているのかを再確認するとともに、原告団としてそれらを実現するために活動に力を入れていく決意を新たにしました。(原告Iさん)

 

平成29年11月11日 原告交流会の開催

原告団活動について

      平成30年5月19日 第11回原告団総会、シンポジウム

              『歯科診療の感染対策について考える』の開催

・平成30年5月19日、第11回原告団総会が開催されました。

   総会には87名の方にご参加いただきました。

 まず最初に原告団総会では、原告団活動報告が各幹事からありました。

 全国恒久対策班会議の報告、医療系の学校にて実施している患者講義の教育啓発活動、全国の提訴状況、会計報告 、原告団活動Q&Aと改訂した愛知・岐阜・三重B型肝炎ハンドブックの説明等がありました。

 原告団総会の後は、シンポジウム「 歯科診療の感染対策について考える」が、開催されました。

 前半では、①平成30年歯科の診療報酬改定の内容についての説明、②肝炎等の感染リスクに関する注意点、③臨床現場における感染対策の実際、以上の3点について国の担当者および専門の医師の方々から説明と報告がありました。

 後半では、歯科医師、肝臓専門医、原告の代表者の3名によるシンポジウムが行われました。それぞれの観点から、歯科診療における問題意識について意見が交わされ、これからのあるべき姿を考える良い機会になりました。

 その後は懇親会が行われ、原告同士や弁護士の先生方、皆で普段の労いと励まし合いをした暖かい場となりました。 (原告Mさん)

過去の活動実績(原告団活動)

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved