相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

※不在時は折り返します

※不在時は折り返します

全国B型肝炎訴訟名古屋弁護団について

平成23年6月28日、 全国B型肝炎訴訟弁護団・原告団と国との間で、 集団予防接種時の注射器の使い回しによるB型肝炎被害者を救済するための基本合意が成立し、基本合意に基づき、平成23年12月、 特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法 が制定されました。

当弁護団は、愛知県、岐阜県、三重県在住の被害者の皆様の早期救済等に向け活動しています。

 

平成23年9月に、名古屋地方裁判所に第1次提訴をして順次提訴をすすめ、平成29年7月5日現在、原告(患者さん数)総数は、1617名となり、さらに、提訴を予定しています。

平成29年6月22日までに、1262名の原告 (患者さん数)について和解が成立し、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等を受領されています。

 

全国B型肝炎訴訟については、全国B型肝炎訴訟弁護団のHPをご覧くだい。

全国弁護団における現在の提訴者数は21472名、和解者数は15506名です。(2017年3月8日現在)

医療講演と給付金についての説明・個別相談会の開催

・平成29年5月20日 第10回原告団総会、医療講演会の開催

平成29年5月20日午後1時半より第10回原告団総会が開催されました。

今回は内容が豊富で、原告団総会の他に、医療講演会、原告ミニ交流会、個別相談会がありました。

総会には106名、講演会には145名、 相談会には22名の方にご参加いただきました。

まず最初に原告団総会では、原告団活動報告が各幹事からありました。

医療系の学校にて実施している患者講義の教育啓発活動、地方議会 での意見書採択状況、平成28年度肝炎等克服実用化研究事業報告 会の報告、全国恒久対策班会議の報告、全国の提訴状況、会計報告 、原告団活動Q&Aと改訂した愛知・岐阜・三重B型肝炎ハンドブックの説明等がありました。

原告団総会の後は、会場を移動して医療講演会「B型肝炎の基礎知識(病気と治療の内要)」が名古屋大学医学部付属病院消化器内科 の石上雅敏先生を講師に迎えて開催されました。

パワーポイントを使用して、肝炎の進展状況、治療方法、ウイルスの種類、感染状況、治療薬の拡散アナログ製剤、インターフェロン の使用方法など基本的な事を詳しく解説して頂き、改めて勉強になりました。

講演後のQ&Aでは、多くの原告の方から質問があり、有意義な講演会となりました。

医療講演会後は、原告ミニ交流会と、提訴の個別相談会が開催されました。

ミニ交流会には予想以上の応募があり、 急遽会場を増やして対応しました。

交流会では現在の治療方法や、病気の進捗状況等、幹事の私達に多数の質問があり、分かる範囲内で回答しました。

皆さん、自分の病気と真剣に向き合って行動しているのが感じられました。(原告Kさん)

                      医療講演会・相談会についてはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報

過去のニュースはこちら

今後の予定

「今後の予定」はこちら

医療費助成・身体障害者認定緩和請願の採択(恒久対策活動)

名古屋原告団・弁護団では、国に対し肝硬変・肝がん患者への医療費助成、身体障害者認定緩和を求め、国会議員を説得する活動をしています。

また、その活動の一環として、愛知・岐阜・三重の県議会・市町村議会において、国会に対して、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充等を求める意見書の提出をお願いしています。

              採択していただいた県議会・地方議会一覧はこちら

平成29年7月5日      第71次新規提訴について

詳しい提訴状況についてはこちら

New!

平成29年7月5日、名古屋地方裁判所にて、次のとおり29名の被害者について、提訴を致しました

   死亡          0名

   肝がん         2名

   肝硬変(重度)     0名

   肝硬変(軽度)     1名

   慢性肝炎       18名

   無症候性キャリア    8名

本日の提訴で、名古屋地方裁判所での提訴者(被害者)は1617名となりました。

平成29年6月22日    和解成立状況について

詳しい和解状況についてはこちら

名古屋地方裁判所にて、次のとおり33名の被害者の和解が成立いたしました。

   死亡          7名

   肝がん         3名

   肝硬変(重度)     0名

   肝硬変(軽度)     0名

   慢性肝炎       12名

   無症候性キャリア   11名

本日の和解で、名古屋地方裁判所での和解者は合計1262名となりました。

多くの原告・ご家族の方が傍聴に来られました。

 

New!

原告団活動について

・平成28年11月5日午後3時より原告交流会が行われました。

                               詳細はこちら

新規相談者専用の時間外電話番号の設置

新規相談者専用の時間外電話番号を設置しました。

 080ー7723ー2146(平日17時~21時)

電話に応答できなかった場合には、早めに折り返しのお電話を差し上げます。

署名活動について(恒久対策活動)

名古屋原告団・弁護団では、国に対してすべてのウイルス性肝硬変・肝がん患者の療養支援と ウイルス検診の推進を求める署名活動を実施します。ご協力をお願い申し上げます。

             請願書の署名用紙はこちらからダウンロードできます。

 

資料請求方法について

お電話による資料請求に加えて、FAXによる資料請求もご利用いただけるようになりました。                              詳細はこちら

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved