相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

※不在時は折り返します

※不在時は折り返します

相談窓口

〒460-0002

名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E

あゆみ法律事務所

TEL 052−961−0788

FAX 052−253−6869

     FAX送信フォームはこちら

お問い合わせから提訴までの流れ

電話またはFAXでのお問い合わせ

   TEL  052-961-0788

    FAX 052-253-6869(FAX送信フォームはこちら

   ↓

   弁護団から資料の送付

   ↓

   相談者が医療機関で医療照会書等の証明書を作成

   ↓

   相談者から弁護団宛てに資料の送付

   ↓

   弁護団による資料の検討

   ↓

   提訴可能と判断した場合に,提訴の手続へ

B型肝炎訴訟の提訴条件について

提訴するために必要な条件

このB型肝炎訴訟は,幼少時に受けた集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに持続感染した方々が,国に対し,その責 任を問い賠償等を求めるものです。国に賠償を認めさせるためには,幼少時に受けた集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染したということが言えなけれ ばなりません。そのためには,以下の条件を満たすことが必要で,かつそのための必要な資料(検査データや,カルテなど)を揃えることが必要です。

  ① B型肝炎ウィルスに持続感染していること

  ② 集団予防接種を受けたことがあること

  ③ 生年月日が昭和16年7月2日以降であること

  ④ 出生時に母親がB型肝炎ウィルスに持続感染していないこと

  但し,母親の感染自体が集団予防接種を原因とする場合は,

  子も原告になることができる(母子二次感染)

  ⑤ 他に感染原因がないこと

   以下の方については,特別の相談が必要です。

   ・父親が持続感染者である場合

   ・本人のジェノタイプがA型(Ae型)の場合

   ・乳幼児期に輸血の経験がある場合

  ⑥ 病態(無症候性キャリア,慢性肝炎,肝硬変,肝がん)の特定

病態等の区分に応じた和解金の支払額

なお、無症候性キャリアの方には、上記和解金とは別に和解成立後の定期検査等に要する費用等が支払われます。

詳細につきましては、お問い合わせください。

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved