相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

相談窓口 TEL 052−961−0788(平日午前10時~17時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

時間外(新規相談者専用)TEL 080−7723−2146(平日17時~21時  )

※不在時は折り返します

※不在時は折り返します

全国B型肝炎訴訟名古屋弁護団について

平成23年6月28日、 全国B型肝炎訴訟弁護団・原告団と国との間で、 集団予防接種時の注射器の使い回しによるB型肝炎被害者を救済するための基本合意が成立し、基本合意に基づき、平成23年12月、 特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法 が制定されました。

当弁護団は、愛知県、岐阜県、三重県在住の被害者の皆様の早期救済等に向け活動しています。

 

平成23年9月に、名古屋地方裁判所に第1次提訴をして順次提訴をすすめ、平成30年11月1日現在、原告(患者さん数)総数は、1752名となり、さらに、提訴を予定しています。

平成30年9月6日までに、1435名の原告 (患者さん数)について和解が成立し、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等を受領されています。

 

全国B型肝炎訴訟については、全国B型肝炎訴訟弁護団のHPをご覧くだい。

全国弁護団における現在の提訴者数は21472名、和解者数は15506名です。(2017年3月8日現在)

医療講演会、原告交流会の開催

・医療講演会、原告交流会の開催

  平成30年11月10日午後1時半より医療講演会、原告交流会が開催されました。

 

 医療講演会は、前大垣市民病院副院長熊田卓先生を講師にお招きしました。症状のないキャリアが注意しなければならないこと、ノーベル賞で話題のオプジーボの肝がんへの治験例など、最新の知識を盛り込んだ内容であり、質疑応答も30分近くに及びました。

質疑応答の内容も、熊田先生が「良い質問ですね。」「レベルが高い質問ですね」と何度もいわれました。

原告の方々の知識の高さ、関心の強さがうかがわれました。

 

交流会は、病態ごとのグループ分けで、境遇の似た原告と交流することができました。

今回は、特に母子感染の母親と子の立場の方が同じグループで意見を交換するという初の試みが行われ、実の親子では聞けないけど聞いてみたいことについて、やりとりがなされていました。

 

病院によって治療に差異があることや、原告が日常生活で困っていることや悩んでいること等の話をお聞きでき、患者のニーズがどこにあるのかを再度確認できました。

 

来年度の原告団総会は5月18日、原告団交流会は11月9日です。来年度も多くの皆様にご参加いただけますと幸いです。

 

                             原告団活動についてはこちら

 

新着情報

過去のニュースはこちら

今後の予定

「今後の予定」はこちら

平成30年9月6日    和解成立状況について

詳しい和解状況についてはこちら

名古屋地方裁判所にて、次のとおり46名の被害者の和解が成立いたしました。

   死亡          2名

   肝がん         3名

   肝硬変(重度)     0名

   肝硬変(軽度)     0名

   慢性肝炎       19名

   無症候性キャリア   22名

本日の和解で、名古屋地方裁判所での和解者は合計1435名となりました。

多くの原告・ご家族の方が傍聴に来られました。

 

平成30年11月1日      第75次新規提訴について

詳しい提訴状況についてはこちら

New!

平成30年11月1日、名古屋地方裁判所にて、次のとおり12名の被害者について、提訴を致しました

   死亡          0名

   肝がん         1名

   肝硬変(重度)     0名

   肝硬変(軽度)     2名

   慢性肝炎        3名

   無症候性キャリア    6名

本日の提訴で、名古屋地方裁判所での提訴者(被害者)は1752名となりました。

New!

原告団活動について

      平成30年5月19日 第11回原告団総会、シンポジウム

              『歯科診療の感染対策について考える』の開催

・平成30年5月19日、第11回原告団総会が開催されました。

   総会には87名の方にご参加いただきました。

 まず最初に原告団総会では、原告団活動報告が各幹事からありました。

 全国恒久対策班会議の報告、医療系の学校にて実施している患者講義の教育啓発活動、全国の提訴状況、会計報告 、原告団活動Q&Aと改訂した愛知・岐阜・三重B型肝炎ハンドブックの説明等がありました。

 原告団総会の後は、シンポジウム「 歯科診療の感染対策について考える」が、開催されました。

 前半では、①平成30年歯科の診療報酬改定の内容についての説明、②肝炎等の感染リスクに関する注意点、③臨床現場における感染対策の実際、以上の3点について国の担当者および専門の医師の方々から説明と報告がありました。

 後半では、歯科医師、肝臓専門医、原告の代表者の3名によるシンポジウムが行われました。それぞれの観点から、歯科診療における問題意識について意見が交わされ、これからのあるべき姿を考える良い機会になりました。

 その後は懇親会が行われ、原告同士や弁護士の先生方、皆で普段の労いと励まし合いをした暖かい場となりました。 (原告Mさん)

新規相談者専用の時間外電話番号の設置

新規相談者専用の時間外電話番号を設置しました。

 080ー7723ー2146(平日17時~21時)

電話に応答できなかった場合には、早めに折り返しのお電話を差し上げます。

資料請求方法について

お電話による資料請求に加えて、FAXによる資料請求もご利用いただけるようになりました。                              詳細はこちら

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

全国B型肝炎訴訟 名古屋(愛知・岐阜・三重)弁護団

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-8-10 ISH丸の内ビル3E あゆみ法律事務所   TEL052-961-0788 FAX 052-253-6869

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved

Copyright © 2011-2013 全国B型肝炎訴訟 名古屋弁護団. All Rights Reserved